2chでも話題沸騰のゼロファクター!本当に抑毛効果はあるのか?

毎日の日課であることも多い髭剃り。

結構手間暇かかりますし、肌も傷つくし、できることならしたくないですよね。

髭に悩む方は、抑毛効果があると言われる「ゼロファクター」という髭ケア専門商品について聞いたことがあるかもしれません。

今使っているシェービングジェルやローションをゼロファクターに替えて使うことで、髭が薄くなってくれるという夢のような商品なのです!

 

しかし、口コミなどで有名な2ch(2チャンネル)では、「全然効果がない!」「あれは詐欺だ!」と言ったネガティブな意見も…

実際のところ、ゼロファクターの効果ってどうなんでしょうか?なぜ2chでは評判が悪いのでしょうか?

 

 

そもそも髭が生える仕組みとは?

 

髭の抑制が本当にできるのかを知るには、そもそも髭が生えるメカニズムを正しく把握していなければいけません。

すでに知っている方も多いかもしれませんが、髭の成長には男性ホルモンがやはり深く関係しています。

 

しかし、男性ホルモン単体では、髭の成長は促されません。

通常男性ホルモンは、別の名称をテストステロンといい、身長を伸ばしたり骨格を丈夫にしたりして、身体の成長を促す重要な役割を果たします。

もう一つ大事な立役者は、体内にある5αリダクターゼと呼ばれる酵素です。この酵素は男性ホルモンのテストステロンにくっつくことで、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストロンに生まれ変わります。

 

実はこのように元のテストステロンと5αリダクターゼという酵素がくっついてできたジヒドロテストロンこそが、髭を生やしたり濃くしたりするもとの物質なのです。

 

また、男性ホルモンとくっつく5αリダクターゼという酵素は、主に遺伝によってその活性が左右されるといいます。

この酵素は女性にも存在します。そのため父親側の髭が薄いとしても、母親側に5αリダクターゼの優性遺伝子があれば、ジヒドロテストロンが生成されやすくなることがあるのです。

他の人より髭が濃かったり、生えるペースが早かったりするのを感じる人は、このジヒドロテストロンの生成ペースが早い可能性があります。

 

 

 

ゼロファクターはどのように髭に作用するのか?

 

さて、ゼロファクターではどのように髭を抑毛していくのかというと、体の成長を促してくれるテストステロン側ではなく、それを強力な男性ホルモンに変化させてしまう5αリダクターゼの方を抑えようという仕組みになっています。

 

ゼロファクターには、5αリダクターゼを抑える効果があるというイソフラボンなどの有効成分がたっぷりと含まれています。

またそれらの有効成分は天然由来のものばかりなので、肌を守りながらしっかりと有効成分を毛穴の奥深くに届け、ケアをしながら髭剃りを行うことができます。

 

つまり、髭を生やす元凶になってしまう酵素に作用することで抑毛を推進しようという、理論的には納得がいく説明なんですよね。

 

ゼロファクターの商品では、主に髭剃りの際に使う5αSPシェイブジェルと髭剃り後のケアに使う5αSPローションの2つの商品が有名です。

5αSPシェイブジェルには、お肌を守りながら肌の表面だけでなく、毛穴の奥深くに抑毛成分を届けられる工夫がされており、毛穴を開くことでより安全な深剃りを実現するという役割があります。

 

5αSPローションには、約11種類にも及ぶ抑毛の有効成分が含まれており、髭剃り後の肌ダメージを修復し、お肌に潤いを保ち続けられるように仕上げます。

また特殊の加工技術で有効成分がナノ化レベルで配合されているので、お肌にのせた瞬間にじわっと吸収される感じを体験できます。

 

 

2chでの口コミ内容

 

理論的には納得のいくゼロファクターの効果ですが、実際のところ本当に抑毛効果があるのかというのが気になるところですよね。

そこで2chでたっていたスレなどを見てみると、実は結構ネガティブな意見が多いことがわかりました。

 

ゼロファクターというスレは立っていないのですが、髭の濃さに悩む人たちのスレの中で、ゼロファクターのレビューがあります。

そこには、「実際に一定期間使ってみたけど効果がなかった」、「詐欺に決まっている」、「名前からして効きそうにない」など様々な意見が。

 

これらのレビューを分析してみると以下の特徴がわかりました。

・実際に使ったことがないのに判断している

・短期間しか使ったことがない

 

さて、最初に挙げた特徴は問答無用、使ったことがないのに決めつけで言っているだけなので、あまり信用できる口コミとは言えません。

問題なのは、実際に使ったけど抑毛効果を実感できなかったという人。その中でも短期間しか使ったことがないという人は、大変残念ながらゼロファクターの使い方を間違えていると言えます。

なぜなら、ゼロファクターは抑毛の理論からもわかるように、長い期間使い続けることで、徐々に効果を発揮するものだからです。

 

 

 

正しく使うことが何より効果への近道!

 

例えば、塗ってすぐに髭がなくなるという脱毛剤などとは違い、第一にゼロファクターは「抑毛剤」です。

抑毛剤とはその名の通り、毛穴の奥深くに抑毛の有効成分を定期的に送ることで、髭が生えるメカニズムを阻害し、毛が生えるのを抑えるという効果が期待できるものです。

そのため、すぐに効果が目に見えて表れないというのがデメリットに感じる方もいるとは思います。

 

しかし、肌への刺激が強い脱毛剤に比べて、天然由来成分が多く配合されているゼロファクターは、肌への負担をかけずに髭を抑制していくことができるもので、総合的な肌の健康を求めています。

だからこそこれまで髭に悩む人の助けになりたいと、20年以上の販売実績があり、180万本以上も突破しているのです。

 

さらにより効果がある使い方は、やはり5αSPシェイブジェルと5αSPローションのダブル使いです。

他の市販のシェービングジェルは、しばしば毛の表面だけに作用して毛穴を開く作用がないため、せっかく5αSPローションを使っても抑毛の有効成分が毛穴の奥深くに届きにくくなる可能性があります。

 

 

2chでの口コミではゼロファクターの効果を疑うものが多かったのですが、実際に利用したことのない人や短期間の効果を期待した人などが書いていることがわかりました。

口コミを参考にするときには、普段の使い方や元々の肌の状態など、ゼロファクターの効果が正しく発揮されるように使っているのかを注意してみる必要がありますね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です